東京モーターショー、10月29日から開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第44回東京モーターショー2015」が2015年10月29日、東京ビッグサイト(東京都・江東区)で開幕する。29日はプレビューデー、一般公開は10月30日から11月8日までとなり、主催の日本自動車工業会は前回の総入場者数90万2800人を1人でも上回ることを目標として掲げている。

今回のテーマは、「きっと、あなたのココロが走り出す」(“Your heart will race.”)。世界11カ国から160社が出展し、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)グループの4ブランド(アルファ ロメオ/フィアット/ジープ/アバルト)が8年ぶりに復帰するほか、メルセデス・マイバッハも復帰し、フランスのDSが初出展する。

世界初公開される車種は76台(乗用車42台、商用車6台、二輪車18台、カロッツェリア5台、車体5台)、日本初公開となる車種は68台(乗用車49台、商用車1台、二輪車15台、車体3台)になる見通しだ。

今回の東京モーターショーの主な見所は次のとおり。このほか、メーカー各社が技術の粋を集めた車などを出展する。

 

主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2015」
今回で3回目となる主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2015」(SMC2015)は、近未来の「明日の街」を出展者と主催者が一体となって創り上げるもので、自動運転をテーマにした国際シンポジウム、自動運転・高度運転支援システムの体験などを組み合わせた内容になる。

メディアイベント「Mobilityscape Tokyo 2015」
報道関係者向け公開2日目の10月29日に、日本の自動車産業の競争力や日本メーカーの魅力を「日本ブランド」として世界に発信することを目的としたメディア向けイベント「Mobilityscape Tokyo」を開催。「日本のモノづくり」と「未来のモビリティ」をテーマに、参加メディアからの質問も受けながら、日本自動車工業会の正副会長5人によるトークセッションを開く。

プレビューデーの新設と障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日
10月29日の14時30分~20時をプレビューデーとして新設し、併せて障がい者手帳保有者の特別見学日とする。
前回は一般公開の前夜に2時間30分のプレビュー・ナイトを新設したが、今回は時間枠を拡大してプレビューデーと名称を改めた。

第44回東京モーターショー2015公式総合アプリ「TMS Mobile」の導入
東京モーターショーのさまざまな情報をまとめて確認できるアプリを提供する。行きたいブースへ案内してくれるナビゲーション機能、混雑具合が可視化されるヒートマップ機能、出展ブースやイベントをお気に入り登録できるカスタマイズ機能などを備えたアプリとなる。

グルメキングダム2015
著名グルメブロガーたちのチーム「たべあるキング」が選定した飲食販売ブースを設置。有名飲食店20店舗が出店する。

プロジェクションマッピング
東京モーターショーでは、初めてプロジェクションマッピングを実施。今回のテーマである「きっと、あなたのココロが走り出す。」をイメージしたオリジナル映像を制作し、東京ビッグサイト会議棟壁面に上映する。
関連リンク
プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る