半導体売上高、2015年11月期は前年割れも通年では増加の見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Semiconductor Industry Association(SIA)が2016年1月5日に発表したレポートによると、2015年11月期の世界半導体売上高は、前月の289億7000万ドルを約0.3%・前年同月の297億7000万ドルを約3%下回る288億8000万ドルだった。

この結果について、SIAのCEOであるJohn Neuffer氏は「需要低下と長引くマクロ経済上の課題が、11月期の売上高が成長する足かせになった」と言及。一方で今後の見通しについては、「2015年全体の売上高は2014年全体の売上高をわずかに上回り、2016年以降の売上高はささやかながら増加する」と予測した。

なお地域別の売上高は、中国が前月比+1%・前年比+5.3%、欧州が前月比+1%・前年比−8%、米州が前月比+0.3%・前年比−7.1%、日本が前月比−0.6%・前年比−8.6%、アジア太平洋とその他が前月比−2.4%・前年比−4.1%だった。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る