産業ロボットのダウンタイムをほぼ100%削減するソリューション発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファナックとシスコシステムズは2016年1月21日、産業ロボットのダウンタイム削減を実現する「ゼロダウンタイム(ZDT)ソリューション」を発表した。北米の自動車メーカーで同ソリューションのパイロットプロジェクトを12カ月間実施したところ、産業ロボット施設のダウンタイムを100%近く減らすことに成功したという。

ファナックの産業ロボットは、気温や生産サイクルのほかに機械の稼動状況など、保守管理に関連するデータの収集が可能。ZDTソリューションでは、同ロボットをシスコシステムズのネットワーク経由で工場内のエッジコンピューティングのデータ収集装置に接続し、収集したデータを解析サーバに蓄積できるようにした。

サーバの解析エンジンはデータをもとに、ベアリングやトランスデューサーなど部品の損耗を予測。これにより、ZDTソリューションはロボットの故障を防止する。部品の交換が必要な場合は、関連する作業内容の指示と共に、サーバがその旨を通知してくれるという。

量産体制を敷くメーカーでは、部品交換や予想外の生産・製造ライン停止によるダウンタイムが多大なコストを生む。某自動車メーカーの試算によると、中断1分間につき平均200万円前後が失われるという。ロボットに不具合が発生する可能性をシステムが事前に検知するZDTソリューションは、コストの削減にも貢献する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る