ST、96Boards CEに準拠の拡張ボードのサンプル出荷を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは2016年1月25日、96Boards Consumer Edition(CE)の小型メザニンボード規格に準拠した拡張ボード「B-F446E-96B01A」のサンプル出荷を開始したと発表した。同ボードは、センサを使用したコンテキスト・アウエアネス機能の開発を簡略化できるという。

B-F446E-96B01Aは、ARM Cortex-M4Fを備えた32bitマイクロコントローラSTM32F446やペリフェラルに加え、加速度センサ、地磁気センサ、ジャイロセンサ、大気圧センサおよびMEMSマイクロフォンを搭載している。また、共通プラットフォームのArduino UnoやSeeedstudio Groveコネクタが、これら開発エコシステムのボードやモジュールを使用した機能拡張を簡略化する。機能拡張は、光センサ、湿度センサ、無線通信インタフェース、ユーザインタフェースデバイスなどを含む。

同製品のユーザは、STM32 Nucleoボードと同じ開発エコシステムを使用できる。そのため、初期化コードジェネレータSTM32CubeMXを含むリソースやアプリケーションコードサンプル、ソフトウエアスニペット、およびハードウエアAPIを活用できる。

さらに、ST-LINKデバッガの搭載により、プログラムをFlashメモリへドラッグ・アンド・ドロップで書き込めるようになった。そのため、個別のデバッグプローブを用意する必要はない。また、ARM-mbedオンラインツールに直接アクセス可能なため、開発環境のインストールも不要だ。

なお、96Boards CE規格は小型演算ボードのフォームファクタ、基本I/O(WiーFi、BLE、USB、MicroSD、HDMIなど)および標準化されたコネクタ位置を定めることで、ARM Cortex-AプロセッサおよびLinux(Androidを含む)をベースとした製品の開発効率を高められる。同規格は、低速および高速のペリフェラルコネクタも標準化するため、このB-F446E-96B01Aなどのメザニンボードによる機能追加を可能にするのだという。

2016年第2四半期に提供が開始される予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る