ルネサス、開発初期評価を支援する仮想開発環境を運用開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルネサスエレクトロニクスは、同社製マイコン「RL78 ファミリ」の開発初期評価を支援する仮想開発環境「RL78 Webシミュレータ」を開発し、同社Webサイトで運用を開始した。

今回発表のシミュレータは、同社のRL78ファミリのなかでも汎用性の高い「RL78/G13」への対応版。RL78/G13スタータ・キットの仮想ボードによるシミュレータ機能を実現しており、ボードのスイッチ入力、LED出力、ポテンショメータ入力などの入出力を仮想ボードパネルで動作させることが可能だ。スタータ・キット等の開発ツールを購入することなく、無償の開発初期評価環境を即時に構築できる。

また、消費電流シミュレータの機能を搭載しているため、ユーザーが開発したプログラムを解析して消費電流を高精度に算出することができ、ピーク電流の平滑化の検討やバッテリ寿命の算出も可能になる。

さらに、Web上で周辺機能の動作条件をGUIで設定するだけで、プログラミングをせずに消費電流を算出できる消費電流計算ツールも別途準備している。

同シミュレータは、現在はWebからのダウンロード提供となっているが、今後、クラウド環境での統合開発環境を構築し、対応するマイコン製品も順次拡大していくという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る