エムエスシー、次世代CAEプラットフォームの新版「MSC Apex Eagle」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エムエスシーソフトウェアは2016年2月10日、次世代型CAEプラットフォーム「MSC Apex」の新版「MSC Apex Eagle」を発表した。Eagleのベータテストを実施したところ、複雑なアセンブリレイアウトのモデリングと検証を10倍加速できたという。

MSC Apex Eagleでは新たに、パーツ表現や結合タイプの機能を改善した。従来のシェル要素(2D)や4面体/6面体メッシング(3D)に加え、新たにビーム要素(1D)や質量要素をサポートしている。また、従来はメッシュに依存しない接着だったが、新しい結合タイプは剛体リンク、バネ、メッシュ依存のタイ結合を含む。

剛体リンク、バネ、質量要素は、それらが定義された領域に自動的に分散して結合し、エンジニアリング的に抽象化された形状としてユーザーに示される。新しい接着条件は全てApexのジェネラティブなフレームワークに含まれ、パーツの修正や関連する空間ポジション変更時の再構築を行う。結果として、ユーザーは複数のパーツで構成されたアセンブリや車体全体のアセンブリをコンピュータ上でより迅速に組み上げられるようになるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る