シャープ、鴻海の出資を受け有機ELへ2000億円投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープは2016年2月25日、台湾の鴻海グループを割当先として第三者割当増資を実施すると発表した。調達する資金の主な使途には、OLED(有機EL)ディスプレーの研究開発設備や量産設備への投資などを想定している。

同社が鴻海グループの出資総額約4890億円から有機ELディスプレー事業に充当するのは2000億円。この2000億円を元手に、研究開発ライン、パイロットライン、量産ラインを亀山工場内に立ち上げる予定だ。

各ラインの投資額は、研究開発ラインが280億円、パイロットラインが480億円、量産ラインが1240億円となる見通し。年度別の投資額としては、2016年に50億円、2017年に750億円、2018年に1000億円、2019年に200億円を見込んでいる。

シャープは上記の投資を実施することで、FMMやFHM蒸着技術採用のガラス基板を用いた5.5インチパネルの生産力を2019年までに月産1000万枚相当に引き上げ、年間9000万枚相当のスマートフォン向け有機ELディスプレーの生産を目指すという。同社は、有機ELディスプレーの年間売上目標に2600億円を掲げている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る