ST、CosmicのCコンパイラ「CXSTM8」の無償提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクス(ST)は2016年3月25日、小型スマート機器へのSTM8マイコン搭載を簡略化するためのソフトウェアツールとして「Cosmic CXSTM8」を無償で提供すると発表した。Cosmic CXSTM8はSTM8ファミリ用のCコンパイラで、内蔵Flashメモリ最大128KBの製品を含む全てのSTM8ファミリに対応している。

同コンパイラは、ST Visual Develop(STVD)環境とシームレスに統合される。STVDはSTのマイコン用無償ツールセットの1つで、プログラミング・インタフェースのST Visual Programmer(STVP)、ST Assembler Linker、アプリケーション動作をチューニングするSTMStudioを含む。

STVDは、アプリケーションコードのビルドやデバッグからマイコンのプログラミングまで、アプリケーション開発を進める上で必要なあらゆる機能を備えている。ソフトウェアベースのシミュレータを提供し、低コストのRLinkおよびST−LINKイン・サーキット・デバッガ/プログラマ、STM8ファミリ用の高機能エミュレータSTiceにも対応する。

今回のCコンパイラ無償化により、デバッグおよびチューニングの際に必要な全てのソフトウェアツールを無償で使えるようになった。そのため、機能評価用開発ボード「STM8S-DISCOVERY」で必要な8ドルで、試作開発が可能になったという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る