アンリツ、近傍位相雑音性能を高めたシグナルアナライザを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンリツは2016年3月30日、近傍位相雑音性能を大幅に高めた、狭帯域無線装置等の開発・製造向けシグナルアナライザ「MS2840A」を発売した。これまで大型の位相雑音専用測定器が必要だった狭帯域通信装置の近傍スプリアス性能評価を行えるという。

近年発売されるスペクトラムアナライザは、需要が拡大するLTEや無線LANなどの測定用として、広帯域での測定性能を重視したものが主流で、狭帯域での測定性能が重視されるマイクロ波帯の無線バックホールなどの測定に適したものが少ないという。

MS2840Aは、狭帯域での測定性能を重視したミドルレンジモデルのシグナルアナライザだ。スペクトラムアナライザを基本機能とし、測定周波数範囲は9kHz~44.5GHzとなっている。内蔵発振器のSSB位相雑音性能を大幅に向上させ、測定周波数1GHz、オフセット周波数10kHzで-123dBc/Hzという高い性能を実現している。送信機のキャリア近傍スプリアス測定のために高い位相雑音性能を必要とするマイクロ波帯の無線バックホールから、V/UHF業務用無線機まで、広い周波数範囲の用途に対応できる。

また、広い測定ダイナミックレンジ性能を持つとともに広帯域信号測定時のイメージレスポンスの影響を解消した高性能導波管ミキサMA2806A/MA2808Aを接続することで、無線バックホール、車載レーダー、WiGig等のミリ波帯の広帯域無線機の測定や、ミリ波レーダーアンテナのサイドローブ特性評価にも使用できる。

さらに、シグナルアナライザ機能を標準で内蔵しており、瞬時スペクトラム観測や周波数変化vs.時間、スペクトログラム測定などの様々な測定が可能だ。追加オプションで送信機の変調信号を詳細に解析・評価できる各種測定ソフトウェアや雑音指数(NF)測定機能を内蔵できる。

搭載するOSはMicrosoft Windows7(64bit)、CPUはCore-i5、8GBメモリ、ストレージにはSSDを採用している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る