マクニカ、FPGA向けOpenCL開発環境をインターネット経由で提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクニカは2016年4月27日、高性能FPGA向けOpenCL開発環境がネットワーク経由で利用可能な「Mpression OpenCL ラボ」の無償提供を開始した。

Mpression OpenCL ラボは、アルテラの高性能FPGA搭載ボードとFPGA開発ソフトウェア一式が導入されたサーバを、SSL-VPNにより暗号化されたセキュアなネットワーク経由でユーザーに貸し出すサービス。主な用途には、FPGAによるCPUアクセラレーションやソフトウェア開発フローの評価プラットフォームとしての活用を想定している。

同ラボは、CPUにインテル製3.4GHzクアッドコア「i7−6700」、メモリに「DDR4(2133MHz/64GB)」、OSに「Ubuntu 14.04 LTS」を搭載。FPGA開発ソフトウェアに「Quartus Prime スタンダード エディション v15.1.2」と「アルテラ SDK for OpenCL v15.1.2」を採用したほか、FPGA搭載ボードとして「Stratix V 搭載FPGAボード」を用意した。今後、「Arria 10 FPGA」のサポートを追加する予定だという。

マクニカは現時点では、WEBページより申し込みのあった特定ユーザーに対してのみ、Mpression OpenCL ラボを試験的に提供するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る