ボッシュ、二輪車の安全システム市場が大幅成長と予測 インドにおけるABS装備義務化などの影響で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボッシュは、インドで2018年から二輪車へのABS(アンチロック ブレーキ システム)の標準装備が義務付けられることになったと発表した。インド政府が2016年3月中旬に、この規制に関する公式声明を発表したという。

ボッシュの発表によると、インドでは2012年に約3万6000人が二輪車事故で死亡しており、これは交通事故全体の約26%に当たるという。同社の調査では、モーターサイクル用ABSを装備することで、インド郊外で発生した二輪車事故全体の約3分の1を防止可能で、さらに事故全体の約5分の1で衝突速度を低減することができたという。

インドの二輪車へのABS装備の義務付けは、排気量が125ccを超える二輪車に適用され、排気量125cc以下の二輪車については、メーカーはABSおよびCBS(コンバインド ブレーキ システム)のいずれかの装備を選択できる。

欧州では、2016年初めから、排気量125cc以上のすべての新型車にABSの装備の義務付けが実施されており、日本でも2018年から同様の規制が実施となるなど、各国で二輪車へのABSの装備の義務化が進んでいる。

同社は、今回のインドでの導入決定は、インドネシアやタイなど、小型二輪車が最も重要な交通手段となっている他の新興成長市場にも影響を与える可能性があるとしている。インドネシア、タイ両国で実施された事故分析の調査報告書では、ABSが標準装備されていれば、これらの国々で発生した二輪車事故の約4分の1を防ぐことができたとされているという。

同社では、今後5年間で、二輪車用の安全システムの市場が大きく成長すると予想しており、その主な原動力となるのは、新興成長市場における需要の拡大だとしている。こうしたターゲット市場に対応するべく、同社は2015年、新興成長市場向けに特別に開発し、従来の製品よりも最大30%軽量化されたモーターサイクル用ABS「ABS 10」を発表している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る