住友化学、クラフト感のある自然な風合いの樹脂フィルム「WAPO」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友化学は2016年6月27日、プロダクトデザイナー柴田文江氏とグラフィックデザイナー佐藤卓氏の監修により、クラフト感のある風合いを持つ意匠性樹脂フィルム「WAPO」を開発したと発表した。

WAPOは、樹脂本来の特性である耐水性や耐薬品性などを保ったまま、独自の原料配合と新たなフィルム加工技術によって、手づくりのような自然な風合いを工業的に再現した樹脂フィルム。フィルム表面の凹凸形状、光沢、色は、顧客の用途に応じてカスタマイズできる。

住友化学は、WAPOの市場投入第1弾としてブラックとシルバーの2つのグレードを発売した。これらは、コクヨのデザイン文具ブランドである「trystrams」(トライストラムス)ケースシリーズの表地に採用されている。同社は、表地にWAPOを使ったケースシリーズ6アイテムを、7月8日から順次、全国の専門店やセレクトショップなどで発売する予定だ。

また今後は、文具だけでなく、住宅内装、自動車、家電、ファッションなど、幅広い分野への用途展開を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る