STマイクロ、STM32マイコンの組込みシステム設計の柔軟性を高めるドライバを無償提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは、32bitマイクロコントローラ(マイコン)STM32の開発エコシステムを拡張する「STM32Cube Low-Layer Application Program Interface」(LL API:ロー・レイヤ・アプリケーション・プログラム・インタフェース)ソフトウエアを発表した。ARM Cortex -Mプロセッサ搭載のSTM32マイコンを使用する設計者は、よりハードウエアに近いレジスタ・レベルのコーディングが可能になり、パフォーマンスと実行時効率を最適化できるという。

このLL APIが追加されたSTM32向けソフトウエア・ライブラリSTM32Cubeを使用すれば、使いやすく移植可能なHAL(ハードウエア抽象化レイヤ)とLL APIにより、柔軟なペリフェラルの制御が可能になるとしている。

LL APIは、STM32 Nucleo開発ボード上で動作するよう設計されたサンプル・プロジェクトとともにSTM32Cubeパッケージに統合されており、その他のSTM32ボードへ簡単に移植できるという。また、同一プロジェクト内で対応するHALと並行して使用できるため(一部例外あり)、製品開発期間、ソフトウエアのメモリ使用量、および実行時効率の間のトレードオフを柔軟に最適化できるとしている。

さらに、LL APIにより、従来のSTM32 Standard Peripheral Libraries(SPL)からSTM32Cubeエコシステムへの移行を簡略化が可能だ。LL APIは、各STM32Cube組込みソフトウエア・パッケージに含まれるHALと同様、一部の例外を除いてMISRA-C 2004に準拠。また、GrammaTech CodeSonarにより、最適なコード品質と信頼性を有することが確認されている他、自動アップデート機能で常に最新の状態が維持されるという。

現在、無償でオープンソースのBSD LL APIは、STM32L4/L0/F0シリーズ向けのSTM32Cubeパッケージで利用できる。2017年第1四半期にはすべてのSTM32Cubeパッケージで利用可能になる予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る