ローム、フォトカプラ不要の産業機器インバーター向け絶縁電源制御ICを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2016年7月6日、ソーラーインバータやFAインバータ、蓄電システムなどの大電力を扱う産業機器インバータ向けに、絶縁型フライバックDC/DCコンバータ制御IC「BD7Fシリーズ」(BD7F100HFN-LB/BD7F100EFJ-LB/BD7F200HFN-LB/BD7F200EFJ-LB)を開発したと発表した。

従来、フライバック方式の絶縁電源制御には、電気信号を一旦光に変換するフォトカプラが使用されていたが、消費電流や温度変化、寿命面に課題があった。BD7Fシリーズは、パワー系最先端のBiCDMOSプロセスを活用して、アナログ設計技術を駆使することで1次側から2次側の電圧/電流を検出できるようにし、フォトカプラなどの部品を不要にした。これにより部品点数をおよそ半分にするなど、システムの小型化に加え、省電力化、高信頼化を実現している。

また、これまでの絶縁電源制御ICには、瞬間的な負荷電流の変動に対して、出力電圧が大きく変動してしまう課題があったが、新開発の適応型オンタイム制御を採用して負荷応答特性を改善。電圧変動200mV以下を実現し、信頼性を向上している。

同シリーズは2016年7月よりサンプル出荷を開始しており、サンプル価格は700円/個(税別)。2016年10月より月産50万個の体制で量産を開始する予定だ。生産拠点は、前工程がローム浜松(浜松市)、後工程がROHM Electronics Philippines(フィリピン)。
なお、2016年7月から、同シリーズとBD7F100HFN-LBを搭載した評価ボード「BD7F100HFN-EVK-001」のインターネット販売も開始しており、アールエスコンポーネンツ、チップワンストップ、ザイコストア(コアスタッフ)から購入できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る