NEC、腕を仮想キーボード化する「アームキーパッド・エアー」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NECは、ウェアラブルグラスを用いて、作業者の腕を仮想キーボード化し、非接触での操作を実現するユーザインターフェース「ARmKeypad Air(アームキーパッド・エアー)」を開発した。

同社では2015年11月、ウエアラブルグラスとウエアラブルウォッチを用いて作業者の腕を仮想キーボード化する「アームキーパッド」を開発し、実証実験を進めてきた。腕へのタッチ(振動)によって入力を判別する技術だが、無菌状態での作業が必要な現場や衣服が汚れることが想定される現場、腕にデバイスを装着できない医療現場などでは、非接触/ハンズフリーでの操作性が求められていた。

新開発のアームキーパッド・エアーは、ウェアラブルグラスと画像認識技術を用いて前腕に仮想キーボードを表示し、非接触での高速/高精度なスライド操作を可能にする技術だ。

無菌状態の維持や接触に伴う感染リスクの低減が求められる現場に適している。また前腕上に大きなキーエリアを配置できるため操作がしやすく、仮想キーボードであるためキーレイアウトを自由に変更できるなど操作性にも優れる。音声入力が困難な騒音下での利用にも適しているという。

さらに、QRコードなどのARマーカーなどのついた手元を画像認識することで、すぐに仮想キーボードが出現し、入力操作を開始できるため、デバイスを取り出すなどの動作のために作業を中断する必要がなく、ウェアラブルウォッチの着用も不要だ。

デバイス装着により製品を傷つける可能性のある製品ラインや、菌の転移が課題となる食品加工プロセスなどの製造現場をはじめ、接触による衛生面が問題となる医療現場などでの活用が想定されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る