安川電機、ACサーボドライブΣ-7シリーズのダイレクトドライブモータのラインアップを拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安川電機は2016年9月5日、ACサーボドライブΣ-7シリーズのダイレクトドライブモータに、装置の高精度化や動作の安定化に幅広く対応する「SGM7E」モデルを新たにラインアップした。

SGM7Eは、従来のダイレクトドライブサーボモータのSGMCS小容量モデル(Σ-IIIシリーズ)を、Σ-7シリーズとして全面リニューアルしたものだ。

同製品は、SGMCS小容量モデルの特長だったギャップワインディング構造を採用し、低トルクリプルによる滑らかな動作を実現している。

また、業界最高レベルの24ビットシリアルエンコーダを搭載することで、装置の高精度化を実現。軸振れや面振れの高機械精度にも標準的に対応したという。

モータの外径はΦ135mm~Φ290mmを用意し、幅広いニーズに応えるという。主な用途として、半導体製造装置、ラベル印刷機、メディアタッチパネル製造装置、電子部品実装装置、液晶製造装置、太陽電池製造装置などを挙げている。販売価格はオープン価格としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る