NTN開発の小径高速アンギュラ玉軸受、小型スピンドルの低振動と長寿命を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2016年9月26日、小型製品の加工や精密微細加工などに用いられる小型スピンドル(小型主軸)の低振動と長寿命を可能にする「ULTAGEシリーズ 工作機械主軸用小径高速アンギュラ玉軸受」(内径φ10~φ50mm)を発表した。

小型スピンドルは、内部の冷却と外部からの異物侵入防止のため、内部に圧縮空気を流す構造が多く用いられている。だが、グリース潤滑支持軸受の場合、軸受シールが設置されていないことも相まって、圧縮空気によって軸受からグリースが流出し、潤滑寿命の低下を招くことがある。

グリースの流出を抑えるには、シールを取り付けた密封形軸受が有効だ。しかし、この密封形軸受を使用する方法には、圧縮空気がスピンドル内部を流れにくくなり、冷却機能や異物の侵入防止機能が低下するという課題があった。

そこで、NTNが今回開発した小径高速アンギュラ玉軸受では、圧縮空気による冷却と防塵機能を阻害せずに、軸受内にグリースを多く保持する新設計シールを採用。これにより、グリース保持性を改善するとともに、圧縮空気の流れやすさを確保した。加えて、グリースの封入位置や量を工夫し、長寿命(6000時間以上の高速耐久性)を可能にした。

また、小型スピンドルは加工精度や加工面のきめの細かさなどの外観品質向上のために「低振動」が求められている。そのため、小径高速アンギュラ玉軸受は、軸受軌道面の精度を高める加工法を採用し、従来比約50%の振動低減を達成した。

NTNはULTAGEシリーズ 工作機械主軸用小径高速アンギュラ玉軸受を、11月17~22日に東京ビッグサイトで開催される「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」に出展する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る