東北大学、太陽熱光起電力発電システムで世界トップレベルの発電効率を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東北大学は2016年10月25日、幅広い波長を含む太陽光を、太陽電池に最適な波長の熱ふく射に変換して発電する太陽熱光起電力発電システムで、5.1%の発電効率を達成したと発表した。この発電効率は、世界トップレベルだという。

同研究では、「熱ふく射のスペクトル制御」と「熱ふく射の一方向への輸送」という考え方に基づいた熱ふく射の変換や輸送効率を新たに提案し、これを基に太陽熱光起電力発電システムの全体設計を行った。

この研究成果は、多接合太陽電池とは異なる考え方による高効率太陽光発電の実現につながるものと期待されるという。

また、熱ふく射のスペクトル制御や熱ふく射の一方向への輸送は、太陽熱光起電力発電だけではなく、未利用のエネルギーの有効利用に関連するさまざまな分野への適用が可能であるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る