世界トップレベルの熱効率「Dynamic Force Engine」搭載、トヨタの新型パワートレーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2016年12月6日、同社の「いいクルマづくり」の構造改革「Toyota New Global Architecture」により、エンジン、トランスミッション、ハイブリッドシステムを一新した新型パワートレーンを発表した。エンジンは世界トップレベルの熱効率を実現した「Dynamic Force Engine」を搭載する。

新型「直列4気筒2.5L直噴エンジン」Dynamic Force Engineは、高速燃焼技術や可変制御システムを採用、さらに排気/冷却/機械作動時などのエネルギーロスを抑えることで、熱効率の向上と高出力を両立する。これにより、2.5Lガソリン車用エンジンで40%、ハイブリッド車用エンジンで41%とそれぞれ世界トップレベルの熱効率を達成している。また、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化などの新技術を採用により、性能の向上を図った。

Dynamic Force Engineでは、ロングストローク化(S/B≒1.2)、バルブ挟角拡大、レーザクラッドバルブシートを用いた高効率吸気ポートによって流量アップとタンブル流強化を両立させる「高速燃焼技術」が新たに採用された。その他にも、強化したタンブル流と噴霧自由度の高いインジェクターを組合せることで、燃料と空気のミキシングを向上させ、高速燃焼に貢献する「マルチホール直噴インジェクター」や、エンジンの運転状態に応じてオイルの吐出量を制御することでエンジンフリクションを低減する「連続可変容量オイルポンプ(トロコイド式)」などの技術も新たに採用された。

新型パワートレーンは、2017年以降に搭載車種を大幅に拡大していく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

新型「直列4気筒2.5L直噴エンジン」-Dynamic Force Engine- | トヨタグローバルニュースルーム

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る