世界トップレベルの伝達効率「Direct Shift-8AT/10AT」トランスミッション採用、トヨタの新型パワートレーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2016年12月6日、同社の「いいクルマづくり」の構造改革「Toyota New Global Architecture」により、エンジン、トランスミッション、ハイブリッドシステムを一新した新型パワートレーンを発表した。トランスミッションには世界トップレベルの伝達効率を達成した新型8速/10速オートマチックトランスミッション「Direct Shift-8AT/10AT」を採用した。

新型のトランスミッションでは、ギヤの歯面の摩擦係数を少なくする新たな加工を施すことで、ギヤが噛み合う際のエネルギー伝達ロスを削減した。また、クラッチの機構内の摩擦形状を最適化することで回転時の損失トルクを約50%低減(従来型6速AT比)させるなどして、世界トップレベルの伝達効率を達成した。

加えて小型軽量化による燃費向上や、低重心化による直進およびコーナリングの走行安定性向上も図った。その他、ギヤをワイド化し、さらに高性能/小型トルクコンバータを新たに開発することでロックアップ領域を拡大。これによりアクセル操作に素早く、滑らかに反応できるようになった。

Direct Shift-10ATは、8速から10速に段数を増やしてトータルギヤ数も増やしながら、低中速での格段の使用領域を最適化するクロスギアを採用した。これにより、スムースでクイックな変速が可能となっている。

新型パワートレーンは、2017年以降に搭載車種を大幅に拡大していく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

新型「8速・10速オートマチックトランスミッション」-Direct Shift-8AT・10AT- | トヨタグローバルニュースルーム

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る