村田製作所、小型・面実装タイプのPoE向け絶縁型DC-DCコンバータを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2016年12月13日、小型・面実装タイプのPower over Ethernet(PoE)向け絶縁型DC-DCコンバータ「MYBSPシリーズ」を開発したと発表した。

MYBSPシリーズは、PoEの通信規格IEEE802.3atのhardware classification protocol機能を搭載した小型の絶縁型DC-DCコンバータ。シートタイプトランスを用い、高絶縁耐圧、高信頼性、小型化を達成している。

また、面実装型円柱端子を採用してスルーホールを不要にし、リフローによる簡便な実装を可能にするとともに、電源モジュール自体を小型化。これにより、基板占有面積を小さくし、回路設計の自由度を高めた。

MYBSPシリーズには「MYBSP0122BABF」と「MYBSP0055AABF」の2種類がある。いずれも外形寸法は22.4×35.5×10.55mmだ。MYBSP0122BABFは出力電圧が12V、出力電流が2.125A、出力電力が25.5W。一方、MYBSP0055AABFは出力電圧が5.0V、出力電流が5.1A、出力電力が25.5Wとなる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る