積水化成の複合樹脂発泡体「ピオセラン」、トヨタの新車「C−HR」の座席シート用部材に採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積水化成品工業は2016年12月19日、同社のポリスチレン・ポリオレフィン複合樹脂発泡体「ピオセラン」がトヨタ自動車の新規車種「C−HR」に座席シート部材として採用されたと発表した。

ピオセランは、ポリスチレンの剛性とポリオレフィンの緩衝性の両方が備わった複合樹脂発泡体。成形金型と成形品の寸法差異の小ささ(寸法再現性)や、温度変化に対する寸法変化の小ささ(寸法安定性)でも注目されている。

座席シートの製造は従来、ウレタンと固定具のワイヤーを手作業で組み立てるのが一般的だった。だが積水化成品工業は今回、ピオセランの優れた寸法安定性を活かして、ワイヤーとピオセランを一体成形する技術を確立し、組み立て工数を大幅に削減した。

さらに、ワイヤーとピオセランの一体成形品を芯材とすることで、座席シートのウレタン使用量を削減し、軽量化に成功。これにより、ピオセランのC-HRへの採用を導いた。

また、ピオセランは特有の衝撃吸収性能を持ち、万一の事故の際に乗員が座席に沈み込むことを防止する。積水化成品工業は、今後もピオセランの他車種への採用拡大に向けて取り組み、安全性の向上にも貢献していくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る