デンソー、軽自動車にも搭載可能な小型ステレオ画像センサを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンソーは2016年12月27日、軽自動車にも搭載可能な小型ステレオ画像センサを開発したことを発表した。

画像センサはカメラによって道路上の白線は前方の物体を識別するもの。今回開発したセンサは左右2つのカメラを搭載することで距離の測定をより正確にし、緊急時の対車両、対歩行者衝突回避支援ブレーキ機能や、車線逸脱警告機能、またオートハイビームなどの実現に貢献しているという。

軽自動車は搭載スペースが狭く、画像センサでもコンパクトな筐体が求められる。今回開発したセンサは、高精度なレンズ歪み補正とステレオマッチング技術の組み合わせによって、求められる測定距離を保ちながらカメラ幅を半減することに成功した。

これにより車内のルームミラーの裏側に搭載できるようになり、ドライバーの前方の視認性が改善された。また、ワイパーの動作領域に搭載したことで雨天や異物付着時の性能を確保している。

このステレオ画像センサは、2016年11月に発売された「ダイハツ タント」の衝突回避支援システム「スマートアシスト3」に採用されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る