サイバネットシステム、数値データ可視化ソフト「MicroAVS」の最新版を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイバネットシステムは2016年12月27日、数値データを可視化するソフトウェア「MicroAVS(マイクロエーブイエス)」の新バージョンVer.20の販売を開始したと発表した。連番Excelファイルからのデータ読込みや色情報付き形状の入出力が可能になるなどの機能強化が行われている。

同ソフトは、実験・計測データやシミュレーションで得られた解析データをアイコン操作で簡単に可視化できるのが特徴で、材料、気象、環境、建築、土木、天文、宇宙などの研究分野で利用されている。

今回の新バージョンでは、データ入力機能の強化として、同一形式の連番Excelファイル(xlsx, xls, csv等)を、1つの時系列データとして読み込むことが可能になった。データ読込みの設定も簡単で、対象ファイルやデータの並び方等の指定だけで直接数値データを読み込むことができ、このとき自動作成されるファイルを使用することで、以降の読込みがさらに簡素化できる。読込み後は再生ボタンを押すことで時間による変化を可視化できる。

データの可視化機能では、材料分野等での形態評価の指針となるボクセル(3次元立方体の最小単位)データに対して「細線化」処理を行い、残ったセルに対して「連結数」計算を行った結果をセルの値として色分け表示する機能が追加された。細線化、連結数の結果はテキスト出力も可能だ。また、流線の流れをアニメーション表示する機能も追加されている。

入出力機能では、色情報を含むSTLおよびPLY形式データの入力に対応した。また、可視化形状(鳥瞰図、等数値面、領域面、変形図、離散点から作成した3角形メッシュ)をカラーPLY形式で出力する機能も追加され、3Dプリンタ等に色付きの形状を渡せるようになった。

今回の新バージョンにあわせ、Emailによる技術サポートを受けることができる保守サービスの販売も新たに開始されている。

価格はMicroAVS Standardが12万8000円、MicroAVS Professionalが17万8000円(初年度保守料を含む)となっている。既存ユーザーにはver.20へのバージョンアップと保守サービスをセットにしたキャンペーンも実施中だという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る