ディーゼルユナイテッド、18PC2.6BV型ディーゼルエンジン世界初号機を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディーゼルユナイテッドは2017年2月14日、今治造船から世界初号機となる「18PC2.6BV形エンジン」2台を受注したことを発表した。

PC2.6BV形エンジンは、従来のPC2.6形エンジンと比べ、シリンダボア(直径)を維持しながらストロークを長くすることで、コンパクトで高出力という特徴を持つ。燃料消費率や潤滑油消費率も改善されており、経済性も高い。

PC2.6BV形エンジン自体はすでに世界中で多く製造/販売されているが、今回ディーゼルユナイテッドが受注した18シリンダタイプのPC2.6BV形エンジンは世界初号機となるという。

主な仕様は次の通り。エンジンタイプがDU-S.E.M.T. PIELSTICK 18PC2.6BV、シリンダボアが400mm、ピストンストロークが500mm、速度が600rpm、出力が1万3500kW、シリンダー数が18だ。

今回受注したエンジンは、四国開発フェリーが運行する内航用フェリー2隻に搭載される予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る