大手に転職が決まり年収480万→650万円にアップの例も。製造業エンジニアの採用ニーズが特に旺盛な分野は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本コラムは、エンジニア専門の人材紹介会社メイテックネクストのキャリアコンサルタント・河辺真典氏からの寄稿です。旬のキーワードを取り上げ、エンジニアのキャリア形成に役立つ情報を発信していきます。


直近の製造業エンジニアの転職市場について、前回前々回と取り上げてきました。

どの業界でもエンジニアが求められている中でも、特に企業の採用意欲が旺盛で、転職希望者が有利な売り手市場になっているのはどんな分野でしょうか。それは組み込み系エンジニアです。

転職者有利な組み込み系、有名大手に転職で年収480万→650万円にアップの例も

マイコンの基本原理を理解し、実現したい動きやロジックを考えられる組み込み系エンジニアは、どの方面でも採用ニーズが高いです。

メーカー各社は優秀な組み込み系エンジニアの採用に苦戦していますから、好待遇で転職できる可能性は高いです。メイテックNEXTで転職をサポートした組み込み系エンジニアの中にも、今の状況だからこそ、恵まれた職場に転職できたエンジニアがたくさんいます。

例えば、中堅の私立大学を卒業して、組み込みや制御のプログラミングを受託開発している企業で働く年収480万円ほどのエンジニアに転職相談いただきました。

いくつか求人情報をご紹介して、最終的に転職が決まった先はFA機器メーカーです。新卒採用では人気も高く、結果的に旧帝大クラスの理系学生しか、入社していない企業です。その組み込み系エンジニアは、年収も650万円にアップしました。

工場自動化や自動車関連のエンジニアも転職先には困らない

組み込み系エンジニアに次いで転職希望者が有利になっているのは、工場自動化に必要なロボットの機構を設計できるエンジニアです。モーターやアクチュエーターを組み込んだロボット開発の経験があれば、転職先には困らないでしょう。

また、前々回に解説したとおり、自動車業界の採用ニーズが非常に高くなっています。自動車関連のエンジニアなら、専門分野がどこであっても、複数の企業を見比べて転職先を選ぶことができるでしょう。

高年収の転職が決まりやすいのは、工場全体を改善できる製造技術のエンジニア

このような職種でメーカー各社の採用意欲が高まっているわけですが、「高年収での転職が決まりやすい職種は?」と聞かれたら、真っ先に思い浮かぶのが、工場全体のことが分かる製造技術系のエンジニアです。

工場自動化に必要なロボットの要素技術を設計できるエンジニア以上に、世界的にワーキングレートが上昇する中、「どうすれば工場自動化を実現できて、生産性を向上できるか」とプロジェクト全体の設計図を描けるエンジニアは、高年収での転職が決まりやすくなっている印象があります。最近でも、年収1600万円で転職が決まったエンジニアがいました。

製造業の転職市場が売り手市場になっている中でも、特に転職希望者が有利な職種を紹介してきました。こうした分野で開発経験があり、自身のキャリアについて見直したいと考えているようでしたら、非常に魅力的な求人が出てきていますから、「求人情報を調べてみる」「人材紹介会社に相談してみる」など、行動に移してみてはいかがでしょうか。


photo

河辺 真典(メイテックネクスト 執行役員)

メイテックネクストでは、エンジニア専門特化の強みを生かし、豊富な業界知識・技術知識に基づいて「失敗しない転職」のお手伝いをいたします。
転職ありきではなく、中長期的な視野に立って、最も将来のご活躍に繋がる選択肢を考えるためのお手伝いをいたします。
ぜひ、一度ご相談にお越しください。

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る