三菱電機、高速光ファイバー通信用受信モジュールの新製品を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は、伝送距離40km・伝送速度100Gbpsの高速光ファイバー通信向け受信モジュールの新製品「100Gbps小型集積APD ROSA」のサンプル提供を6月1日に開始すると発表した。光トランシーバの小型・低消費電力化に貢献するという。

APD ROSAは、長距離の伝送に対応したAPD(アバランシェ・フォトダイオード)を使った受信用小型光デバイス。今回同社では、チップ構造の最適化により、高速な光・電気変換応答特性をもつ高感度APD素子を開発し、従来はPD ROSAと光増幅器の組み合わせで対応していた伝送距離40kmをAPD ROSA単体で実現した。データセンター間などの高速光ファイバ通信に求められる長距離伝送にも対応できる。

また、光増幅器の省略と、光学部品やその配置の最適化により、小型光トランシーバの次世代規格であるQSFP28に適合した。さらに、APDからの電気信号を増幅するTIA(電流/電圧変換増幅器)の電力を抑えることで、業界トップレベル(同社調べ)の低消費電力値0.4W(代表値)を達成したという。

現在、データ通信量の増大により、光ファイバ通信機器収容局内の光伝送装置の増設が求められている。しかし、設置スペースが限られていることから、光伝送装置に搭載される光トランシーバの長距離伝送や小型・低消費電力化のニーズが高まっている。今回の製品はそれらのニーズに応えたものだ。

主な仕様としては、受光素子が波長1.3μm帯APD×4素子、伝送距離40km、受信感度-23.5dBm(符号誤り率 1×10-6、代表値)、消費電力0.4W(代表値)。外形寸法6.55×24.6×5.1mm(フレキシブル基板部分除く)。型名は「FU-302RPA」でサンプル価格はオープンとなっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る