GLM、日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に4000万円で販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GLMは2017年4月18日、日本初となる量産型のEVスーパーカー「GLM G4」の2019年量産開始を目指すと発表した。価格は4000万円となる予定だ。

販売台数1000台、同車のみの売上で400億円を目標にする。販売は国内以外にも、欧州や香港、中東、中国などでも行う計画だ。

GLM G4は、専用に開発された高効率かつ高出力のモーターを前後に2機搭載し、最高出力400kw(540馬力)、最大トルク1000Nmを発揮する四輪駆動のスーパーカーだ。道路の表面の状態に反応して、2機のモーターそれぞれがタイヤの回転力を調整する制御技術によって、走行時の動力を最大限に発揮させる。

発進から時速100kmの到達時間(0-100km/h加速)が3.7秒、最高速度250km/h、航続距離は400km(欧州の標準試験モードのNEDC基準)だ。その他にも、トランスミッションの多段化による良好な運動性能やIGBTの改良によるスイッチングロス低減と電費の向上、複合素材を用いた軽量/強固なシャーシ構造などの特徴を持つ。

スタイルは、4ドア4シーターのクーペスタイルで、「アビームセイルドア」と名付けられた前後のドア4枚が上に跳ね上がる方式を採用している。

同社では、2019年の量産化に向けて開発ピッチを上げるとしている。現在、専用のパワートレインや電子制御装置などの開発を協力会社と共に進めている段階だという。年内には試作車での走行テストを行う予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る