ソニー、100km先との遠距離通信や時速100kmの移動中も安定的に通信できる技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーとソニーセミコンダクタソリューションズは2017年4月27日、遠距離や高速移動中でも安定した無線通信ができる新たな低消費電力広域(LPWA)ネットワーク技術を開発したと発表した。

登山者などの位置情報をリアルタイムに把握する用途や、レンタカーなどのアセット監視、ドローンの位置情報追跡など、さまざまなサービスへの活用を想定している。

本技術の送信モジュールは、伝送路の推定に必要なパイロット信号と新開発の高性能誤り訂正符号が埋め込まれたパケットを、0.4 秒間に繰り返し送信する。受信機は複数回にわたって送信されたパケットを波形合成することで感度を高めた。電波強度の変動や周波数の変化により通信が不安定になりがちな移動時でも、この波形合成信号処理技術により、通信の安定性が向上するという。

遠距離通信における信号レベルの低下や、混信などの影響による情報の一部欠落に対しては、受信機側で高性能誤り訂正信号処理を用いてデータを復元する。加えて受信機に本技術の通信帯域の混信に強いチューナーLSI を採用することで、混信の起きやすい都市部でも良好に通信できるという。

ソニーによる通信実験では、障害物がない山の上や海上などでは 100km 以上の遠距離通信に成功。時速 100kmの高速移動中でも安定的に通信できることを確認したとしている。

これら送信モジュールと受信機にはGPS LSI を標準搭載。GPS 対応エリア内では送信地点の位置情報を伝送できるだけでなく、GPS 衛星から得られる時刻情報を基に送信・受信の周波数とタイミングを補正する。また低消費電力な送信LSIを新規開発し、GPS LSIを採用したことで、位置データを1日に1回送信した場合、コイン電池1個で10年間動作すると説明している。

本技術は、東京ビッグサイトで開催される展示会「IoT/M2M 展【春】」で参考展示する予定。会期は2017 年 5 月 10 日(水)~12 日(金)までとなる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る