ボルグワーナー、ダイムラーの最新エンジン用電動コンプレッサー「eBooster」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ボルグワーナーは2017年5月8日、ダイムラーの最新式3.0Lガソリンエンジン用に、48V仕様の電動コンプレッサー「eBooster」の販売を開始すると発表した。同社のターボチャージャーと組み合わせることで燃費と低速トルクが向上し、アクセル操作に即応した過給が可能になるという。

eBoosterは、ターボチャージャーが引き継ぐまでアクセル操作に即座に対応するため、低速での過給効果が向上し、ターボラグというターボの過給効果が発生するまでの遅延がほとんどない。ブラシレスDCモーター、耐久性のあるサマリウムコバルト磁石、高効率なパワーエレクトロニクスを搭載した小型eBoosterの技術は、自動車メーカーに柔軟なパッケージオプションを提供し、さまざまなハイブリッド車や内燃機関に対応している。

ボルグワーナー・ターボシステムズのフレデリック・リサルド氏は、「当社の市場最先端のeBooster技術により、直列6気筒エンジンで従来の大型V8に匹敵する性能と、いっそう快適なドライブ体験を実現することができます。eBooster技術は、エンジンの小型化により、ハイブリッド車と内燃機関において燃費効率を5〜10%改善できます」とコメントしている。

同社では、eBoosterソリューションの量産化に向けて現在増産体制に入っており、まずはダイムラーをはじめとするグローバル自動車メーカー3社への販売を開始する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
fabcross
ページ上部へ戻る