センサー7種を搭載する指先サイズのモジュールを展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エレックス工業は2017年5月10~12日に東京ビッグサイトで開催した「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」で、IoT向けの超小型センサーモジュール「PRISM」を展示した。

5.2×9.0×3.5mm の小型基盤に、加速度、地磁気、温度、湿度、気圧、照度、紫外線という7種のセンサーとBluetooth Low Energy(BLE)通信チップ、ARM Cortex-M0+ 32bitを搭載。電源電圧は2.35~3.3V、消費電流はピーク時が5mA、待機時が8μAとなり、ボタン電池で1年以上稼働する。

PRISMの用途としては、在宅ケアへの応用が見込める医療分野、気候・環境情報を蓄積・解析することで生産効率の向上を図れる農業分野、生産ラインの管理・最適化に活用できる製造業、サプライチェーン全体の見える化や最適化などが期待できる物流業などを想定している。

関連リンク

超小型IoTセンサーモジュール「PRISM」
エレックス工業

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る