毎秒1000フレームの高速センシングが可能な積層型CMOSイメージセンサー ソニーセミコンダクタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーセミコンダクタソリューションズは2017年5月16日、毎秒1000フレームの高速センシングで対象物の検出と追跡ができる高速ビジョンセンサー「IMX382」を商品化したと発表した。

IMX382は、裏面照射型画素部分と信号処理回路部分が積層している積層型CMOSイメージセンサーだ。裏面照射型画素部分で高感度に撮像し、回路部分で対象の検出や追跡などのセンシングまでの処理を毎秒1000フレームの高速で行う。画像から得られた色や輝度などの情報によって対象物を検出し、対象物の重心位置や面積、動きの方向などを検出する。またそれらの情報をフレーム単位で出力できるため、従来よりも高速にシステムへフィードバックできる。これにより、工場の生産ラインなどにおける異常検出時の停止指示などが迅速に行えるようになる。

同センサーの高速性と追跡機能を産業用ロボットに活用することによって、ロボットへのリアルタイムでのフィードバックができるようになる。これにより、対象物の動きなどに応じた自律的な動作や対応ができるようになり、ロボットへのティーチング作業も効率化するという。

さらに、撮像から対象物の検出、追跡までの1チップで実現しているために、従来のシステムに比べて対象物検出などのために必要だった後段システムを小型化できたり、システム全体の省電力化が可能になるという。

2017年10月よりサンプル出荷を開始する。サンプル価格は10万円(税抜)。サンプル出荷開始に合わせて、カメラと制御用ソフトウェアから構成された評価キットも提供する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る