商船三井テクノトレード、省エネ効果5%のプロペラ装着型装置「PBCF」の新型を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商船三井テクノトレードは2017年5月19日、省エネ効果を高めたプロペラ装着型省エネ装置PBCF(Propeller Boss Cap Fins)の新型を販売開始すると発表した。

従来型PBCFは、船舶に取り付けることで3%前後の省エネ効果があるとされ、全世界で3100隻超に採用された。今回の新型PBCFではフィンの形状や高さなどを改良し、プロペラ推力増加とトルク軽減を図った。実船に取り付けたところ、5%前後の省エネ効果を確認できたとしている。

また新型PBCFは、バンクーバー港による環境プログラム「EcoAction Program」における水中騒音低減技術に選定された。

本製品は、5月25日から今治で開催される国際海事展「バリシップ」のセミナーで披露される。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る