TDK、厚さ約0.04mmの銅箔ラミネート型高透磁率磁性シートを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDKは2017年5月23日、厚さ約0.04mmの銅箔ラミネート型高透磁率磁性シート「IFM10M」シリーズを開発したと発表した。

同製品は磁性シートと厚さ約1μm(マイクロメートル)の銅箔とをラミネートしたもので、厚さ0.1mmの従来品と同等のノイズ抑制性能でありながら、約60%の薄型化に成功した。

近年ではスマートフォンなど電子機器の小型薄型化や多機能化に伴い、機器内部の高集積化が進み、ノイズ対策についても効率のよい抑制効果が求められるようになっている。磁性シートはノイズを吸収して熱エネルギーに変換できるため、不要なノイズの機器外部への漏れや、機器内部での反射による他部品への影響を防止できる。

本開発品にはTDKが独自の工法により開発した厚さ約1μmの銅箔が用いられている。この銅箔は、アキレスが開発したナノ分散ポリピロール液を用いためっき処理技術を活用して作られたものだ。本製品の標準シートサイズは300×200mm、厚みは約0.04mm。2017年6月より量産する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る