トヨタ、ハリアーをマイナーチェンジ 2.0L直噴ターボエンジン搭載車を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2017年6月8日、「ハリアー」をマイナーチェンジして発売した。2.0L直噴ターボエンジン搭載モデルを追加し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備している。

ハリアーは、初代モデル発売から間もなく20年を迎える。今回のマイナーチェンジでは、2.0L直噴ターボエンジン(8AR-FTS)搭載車が追加された。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-i(吸気側VVT-iW)を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を発揮する直噴技術D-4STを採用。これにより、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを実現した。

また、トランスミッションは6 Super ECTを搭載し、シーケンシャルシフトマチックを採用。マニュアル感覚のシフト操作とともに、素早い変速とスムーズな加速が可能だ。

ターボエンジンの主な諸元は、総排気量1998cc、最高出力170kw/5200~5600rpm、最大トルク350N・m/1650~4000rpm、JC08モード走行燃費13.0km/Lだ。

加えて、2.0L直噴ターボエンジン搭載モデルは、フロント/リヤにパフォーマンスダンパーを搭載。これにより車両のロール剛性を上げ、高速走行時でも優れた直進安定性と操縦安定性を確保した。また走行制御モードに、より力強い加速感が得られるスポーツモードを追加した。

安全/運転支援として、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備。HOLDスイッチによるブレーキホールド機能などを搭載した。

インテリアは、アルミヘアライン加飾を施したシフトパネルや、プレミアムナッパ本革を採用したシート表皮など「本物」の追求をテーマとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る