メルセデス、公道走行が可能なレーシングモデル「メルセデスAMG GT R」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独メルセデス・ベンツは2017年6月27日、公道走行が可能なレーシングモデル「メルセデスAMG GT R」を発表した。メルセデスAMGによる完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」をベースにし、ニュルブルクリンク24時間耐久レースやSUPER GTなどに参戦してきた「メルセデスAMG GT3」で培った技術を投入して開発したという。

同車には、新たに開発した専用のAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M178」が搭載されている。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量化と同時に高い強度を実現している。

また、メルセデスAMGペトロナスのF1マシンでも使われている、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減するとともに、エンジンの軽量化も図った。

同車専用の2基のターボチャージャーは、V型シリンダーバンクを内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとしており、過給圧をAMG GTの1.2バールから1.35バールへと引き上げた。

これらの技術により、同車の最高出力は585PS(430kW)、最大トルク700Nmとなり、パワーウエイトレシオ2.80kg/PS、0-100km/h加速3.6秒(欧州仕様車)を達成している。

その他、ステアリングアクチュエーターを2 個を備え、俊敏性と安定性を両立させた「AMG リアアクスルステアリング」を標準装備。各ホイールの減衰力を走行中のハンドリング状況や車速、路面状態に合わせて自動調整する電子制御式アダプティブダンピングシステム「AMG RIDE CONTROL」スポーツサスペンション、9段階でリアアクスルのスリップ量を設定できる「AMG トラクションコントロール」などを搭載している。

完全受注生産となり、価格は2300万円(税込、メーカー予定小売価格)だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る