東大など、長期間装着可能な皮膚貼り付け型ナノメッシュセンサーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

科学技術振興機構(JST)は2017年7月18日、東京大学、慶應義塾大学、理化学研究所の共同研究チームが、1週間以上装着しても炎症反応が出ず長期間装着できる皮膚貼り付け型ナノメッシュセンサーを開発したと発表した。

同センサーは、生体適合性の高い金とポリビニルアルコールにナノサイズのメッシュ構造を持たせたもの。軽量で高い伸縮性と優れたガス透過性持ち、20人の被験者に1週間のパッチテストを実施しても、明らかな炎症反応は認められなかった。

また、同センサーは、少量の水を使って簡単に皮膚へ貼り付けることができ、指紋や汗腺などの微細な凸凹に沿って形成することもできる。さらに、人差し指の第2関節に装着して指の屈曲を1万回繰り返しても導電性を失わなかった。

同研究では、開発したセンサーを使って筋電位や皮膚上の温度、圧力などの生体情報の取得、金属導体に触れたり離したりした際の抵抗変化や温度、圧力センサーの動作実験に成功した。

今回開発したような長期間違和感なく装着できるセンサーによって、医療や介護分野における生体情報の計測や、スポーツ選手の自然な運動の中での正確な生体情報の取得ができるようになるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
fabcross
ページ上部へ戻る