スズキ、1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード1.4ターボ」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは2017年7月26日、コンパクトSUV「エスクード」に1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード1.4ターボ」を発売した。従来の1.6L自然吸気エンジン搭載車に加え、スポーティーな走りの1.4L直噴ターボエンジン搭載車を追加し、ラインアップを強化した。

「エスクード1.4ターボ」は、加速性能と燃費性能を両立した1.4L直噴ターボのブースタージェットエンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)の搭載により、2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現。街乗りから高速走行まで幅広い用途で優れた性能を発揮する。さらに、1速~6速の変速比幅が大きい6速AT(マニュアルモード付パドルシフト)を採用し、低速域では優れた発進加速性能、登坂性能を発揮、高速域では静粛性、燃費性能を向上させている。

また、「エスクード1.6」にも採用されている新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」を採用。「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の3つの技術から構成され、AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4つのモードから選択することで、さまざまな走行シーンで優れた走破性と走行安定性を実現する。さらに、オフロードに多い前後2輪(対角輪)がスリップする路面状況での走破性を向上。LOCKモード選択時、さらに強力なブレーキ制御を行い、悪路走破性を高めている。

安全機能では、「エスクード1.6」と同じく、ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートⅡ(RBSⅡ)」を標準装備。前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能を備える。また、先行車との速度差や車間距離を測定し、事前に設定した速度(約40~約100km/h)で先行車との車間距離を保ち自動的に追従走行するアダプティブクルーズコントロール(ACC)も標準装備している。これらに加え「エスクード1.4ターボ」では、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備し、安全装備を充実させている。

メーカー希望小売価格は258万6600円(消費税込)。同社では「エスクード」全体で年間1200台の販売を目標としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る