IDC Japan、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ロボティクス関連市場 ユースケース別 2016年~2021年のCAGR(上位5ユースケース)

IDC Japanは2017年8月2日、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表した。世界ロボティクス関連市場は加速度的に拡大し、2021年には2307億ドルになると予測している。

IDCの発行した「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」によると、ドローンおよびロボット関連ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを含めた世界ロボティクス関連支出額は、2017年には、2016年から17.9%増の972億ドルになる見通しだ。5年間の予測期間中にロボティクス関連支出額は加速度的に増加して2021年には2307億ドルになり、2016年〜2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.8%と予測している。ロボットと人工知能/機械学習の統合が次世代インテリジェントロボットの開発に拍車をかけ、製造業や資源産業中心にロボットの導入拡大をけん引しているという。

組立製造とプロセス製造は、2017年も引き続きロボット製品/サービスの最大顧客で、支出総額はそれぞれ305億ドルと241億ドルになる。この2分野の合計で、予測期間を通じてロボティクス関連支出の半分以上を占める。鉱業、石油/ガス採掘、農業を含む資源産業は、2017年では3番目に大きいロボティクス関連市場で、支出額は約90億ドルとなる。また、2016年〜2021年に急速に拡大する産業分野は、教育(CAGR 71.9%)、小売(同51.3%)、建設(同38.3%)、卸売(同37.2%)、および保険(同36.3%)だと予測する。モバイルロボットと協働ロボットの技術の進歩により、従来の工業生産プロセスに含まれない新たな領域でのロボット導入の可能性が広がっているとしている。

組立製造での主なユースケースである組立/溶接/塗装は、予測期間全体にわたり、ロボティクス関連支出総額の4分の1近くを占めると予測する。同様に、プロセス製造での主なユースケースであるミキシングは、ロボティクス関連支出総額の15%以上を占めるとしている。その他、自動採掘、棚出梱包(卸売)も支出額増を予測している。また、予測期間中にロボティクス関連支出の最も急速な拡大が見込まれるユースケースには、積荷降ろし(CAGR 71.6%)、教育補助(同68.3%)、および顧客への配送(同60.6%)が含まれている。

テクノロジー別では、予測期間を通して支出総額の半分以上(2017年は507億ドル)は、ロボットシステム、アフターマーケットのロボットハードウェア、およびシステムハードウェアの3分野が占める。2017年時点では、コマンド/制御、特定のロボット専用のアプリケーション、およびネットワークインフラストラクチャソフトウェアを含むソフトウェア関連支出額は152億ドルとなり、サービス関連支出(アプリケーション管理、教育&トレーニング、ハードウェア導入、システムインテグレーション、コンサルティング)の総額は、240億ドルを超えると見込む。また、ドローンおよびアフターマーケットのドローンハードウェア購入額は、2017年で70億ドル近くになると予測する。この2つのカテゴリーは、予測期間全体を通して最も急成長が見込まれ、教育&トレーニング支出がそれに続くとみている。

また地域別では、日本を除くアジア太平洋地域(APeJ)が全予測期間でのロボティクス関連支出総額の半分以上を占めると予測(2017年は515億ドル)。日本は、2017年では2番目に大きな市場(143億ドル)で、米国と西欧がそれぞれ136億ドル、101億ドルで続く。ただし、予測期間終了までに米国が第2位になると見込んでいる。以上の4つの地域市場はいずれも組立製造とプロセス製造による支出がけん引する。5年間の予測期間で最も急成長が見込まれる地域は、中南米(CAGR 26.5%)、APeJ(同25.2%)、および米国(同24.1%)だと予測している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る