ソニーなど、大容量記録が可能な磁気テープストレージ技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは2017年8月2日、IBMチューリッヒ研究所と共同で、磁気テープストレージメディアとして業界最高(発表時点)の面記録密度201Gbit/inch2を達成した磁気テープストレージ技術を開発したと発表した。この面記録密度は従来の磁気テープストレージメディアの約20倍だという。

今回の磁気テープ技術の確立にあたり、ソニーでは、テープ表面と磁気ヘッドの間に塗布する潤滑剤を新たに開発した。テープストレージメディアの高記録密度化のためには、磁気テープと磁気ヘッドの距離(スペーシング)を狭くすることが重要となる。また、スペーシングを縮小するとテープと磁気ヘッドの接点の摩擦が上昇する傾向があり、高速で高容量な記録/再生のためには、この摩擦を抑える必要もある。今回開発された潤滑剤は、テープ表面と磁気ヘッドの走行摩擦を抑える低摩擦特性と、テープ磁性面と潤滑剤の接合を維持するための高耐久性という2つの特性を持つという。

さらに今回、微細な磁性粒子(グレイン)を均一に形成するソニーの独自技術「ナノ・グレイン(Nano grain)磁性膜」の長尺化を可能にした。一般的に磁気テープの成膜時には、製造装置から発生する不純物ガスにより生じる、磁性膜の結晶配向の乱れや大きさのばらつきが課題となる。今回、不純物ガスの発生を抑えるプロセス技術を開発し、それを磁性粒子の大きさが平均7nmのナノ・グレイン磁性膜の「スパッタ法」による成膜に用いて長尺成膜を実現。これにより、1000mを超えるテープ長が必要なテープストレージカートリッジ製造の基礎となるプロセス技術を確立した。

この磁気テープ技術と、IBMチューリッヒ研究所が開発した記録および再生用ヘッドやサーボ制御技術、信号処理アルゴリズム等を組み合わせることで、現在主流である塗布型データストレージ用テープメディア(9.6Gbit/inch2)の約20倍という面記録密度201Gbit/inch2を達成している。

近年、IoTやクラウドサービス、ビッグデータ活用などの進展に伴い、データストレージメディアの大容量化への需要が高まり、併せて信頼性の高いデータ復旧や、情報の安全管理の重要性も再認識されてきている。その中で、長期保存性をはじめ、低消費電力性能、コスト、省スペースなどの点でメリットを持つ磁気テープも将来性が見込まれている。

ソニーでは、今回のテープ技術を採用した大容量データ記録が可能な次世代テープストレージメディアの商品化を目指すとともに、さらなる高記録密度化に向け開発を進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る