メルセデス・ベンツ、最高級セダンを改良した「新型Sクラス」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6.0L V型12気筒ツインターボエンジン

メルセデス・ベンツ日本は2017年8月9日、メルセデス・ベンツの最高級セダン「新型Sクラス」を発表し、同日、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店を通じて予約注文の受付を開始した。新開発のパワートレインを導入するとともに、複合的なセンサーシステムで安全性と快適性を向上させる「インテリジェントドライブ」を進化させ、通信機能により利便性を向上させる「Mercedes me connect(メルセデスミーコネクト)」を初導入している。

今回発表された新型Sクラスのラインアップは、AMGブランド3種を含む7種。「S400」は3.0L V型6気筒直噴ツインターボエンジンを搭載する。「S560long」及び「S560 4MATIC long」は、低負荷での走行時に4気筒を休止して燃料消費量とCO2排出量を抑制する新型の4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載し、「S560 4MATIC long」には最新の四輪駆動システム「4MATIC」を搭載した。「S600long」は最大出力390kW(530PS)、最大トルク830N・m(84.6kgf・m)の6.0L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載している。

AMGモデルでは、「メルセデスAMG S63long」が、燃料消費量とCO2排出量を抑制する「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。「メルセデスAMG S63 4MATIC+ long」はこれにトルク可変型の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を装備した。さらに「メルセデスAMG S65 long」は最大出力463kW(630PS)、最大トルク1000N・m(102.0kgf・m)の6.0L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載する。

トランスミッションには電子制御9速A/T「9G-TRONIC」を採用しており、多段化による滑らかな変速により、特に高速走行時に優れた静粛性と低燃費を実現している。(600long及びメルセデスAMG S65 longは7速)

今回大きく進化した「インテリジェントドライブ」は、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、超音波センサーによる複合的なセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し状況を判断、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストして、ドライバーの負担を軽減する機能だ。

先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」は、新たに自動再発進機能が追加され、停止後30秒以内ならドライバーがアクセルを踏まなくても自動的に発進するようになった。「アクティブステアリングアシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガードレール等を検知してステアリングをアシストする。また高速道路上では、「アクティブレーンチェンジングアシスト」により、ウインカーを操作すると行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更する。

その他、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」や、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用。歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが働く「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」や、セグメント最長の照射距離を持つマルチビームLED(ウルトラハイビーム付)も装備された。

今回新たに搭載されたテレマティクスサービス「Mercedes me connect」は、自動車が通信機能を持ち利便性を向上させるサービス。最長10年間無償提供される「安心安全サービス」、3年間無償提供される「快適サービス」、1年間無償提供される「おもてなしサービス」の3つのカテゴリーで構成されている。

安心安全サービスは、事故検知時(エアバッグ、シートベルトテンショナー展開時)または車内にあるSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」、ツーリングサポートが必要な時、Bコールボタンを押すとツーリングサポートセンターにつながる「24時間故障通報サービス」からなる。

快適サービスは、スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロックができる「リモートドアロック&アンロック」、車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認できる「リモート(車両)ステータス確認」、車外から車両の車庫入れ/車庫出しをスマートフォンで操作できる「リモートパーキングアシスト」などを含んでいる。

またおもてなしサービスとしては、車内から専用ボタンを押すだけで専門のオペレーターが24時間365日対応し、ナビゲーションの目的地を設定したり、レストランやホテル等の検索・予約、メルセデス・ベンツ正規販売店の検索・案内等を行う「メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービス」が用意される。

価格はS400が1128万円(税込、以下同)、S560longが1646万円、S560 4MATIC longが1681万円、S600longが2331万円。メルセデスAMG S63longが2451万円、メルセデスAMG S63 4MATIC+ longが2491万円、メルセデスAMG S65 longが3323万円。

関連リンク

プレスリリース
新世代を体感する、Sクラス。誕生|メルセデス・ベンツ日本

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る