ボルグワーナー、ジャガーランドローバー向けに高効率AWDを実現したトランスファーケースを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「レンジローバーヴェラール」向けトランスファーケース

ボルグワーナーは2017年10月6日、ジャガーランドローバーにプリエンプティブオンデマンドトランスファーケースを供給すると発表した。ジャガーのXE、XF、F-PACE モデルにすでに搭載されている最新技術が、新型プレミアムSUV「レンジローバーヴェラール」に提供される。

このトランスファーケースは、車両制御システムと接続しステアリングホイールの舵角、アクセルペダルの位置、車輪速度などをモニタリングすることで、AWD機能を強化した。

また、そのデータから、軽量遠心電動油圧(CEH)アクチュエーターが、クラッチパックを締結して必要なトルクを2つの車軸に配分。迅速な反応、車両トラクションの強化、安定した制御を実現した。

さらに、耐久性のある高効率のHY-VOトランスファーケースチェーン、革新的なポンプレス設計やサンプ管理といった先進技術も取り入れており、燃費や省スペース性も向上したという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る