日野自動車、小型トラック「日野デュトロ ハイブリッド」ワイドキャブ車の燃費向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日野自動車は2017年10月10日、小型トラックの「日野デュトロ ハイブリッド」のワイドキャブ車の燃費を向上させたモデルを発表した。

今回の改良では、変速機を従来の5速AMT(機械式自動変速機)から新型の6速AMTに変更することで、ハイブリッドシステムの制御を改善。燃費を従来車の12.2km/Lから13.2km/Lまで向上させた。

また、発進時のモーター走行や変速時のモーターアシストの追加など、モーターの稼働場面を増やすことでハイブリッド車らしい走行感を実現したという。その他にも「衝突被害軽減ブレーキ」(PCS)のレーダーによって先行車を検知し、車間距離に応じた最適はハイブリッド制御が行える。

発売は11月1日。最大積載量は2tで販売価格は561万6540円(税込)だ。

なお、今回発売予定のモデルは、平成27年度燃費基準+15%を達成しており、エコカー減税の対象となる。また、今回の改良はワイドキャブ車のみで、標準幅キャブ車の変更はない。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る