NTN、最大25%燃費を改善するモータ・ジェネレータ機能付ハブベアリング「eHUB」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2017年10月20日、タイヤの回転を支えるハブベアリングにモータ・ジェネレータを組み合わせた「eHUB」を開発したと発表した。

欧州を中心に、自動車の燃費向上やCO2排出削減のため、「48Vマイルドハイブリッドシステム(48V MHEV)」の普及が拡大している。48V MHEVは、発進や加速などを小型のモーターで駆動アシストし、減速時に発生するエネルギーを電力に変換することで燃費効率を改善させるシステムだ。

今回開発したeHUBは、非駆動輪に搭載するモーターと一体化したハブベアリングで、モーターで駆動アシストしてエンジン負荷を軽減。減速時にはエネルギーを電力に変換する。また、eHUBは、従来のエンジンのみの自動車と比較して単体で10%、48V MHEVと組み合わせることで25%の燃費向上を実現。EVクリープ走行や、すべりやすい路面での車両姿勢の安定制御にも活用できる。

断面図

同社は、左右のモーターを独立制御するコントローラーも開発しており、システム商品としても提案するとしている。また、10月27日~11月5日に開催される「東京モーターショー2017」に出展する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る