「みちびき」活用の高精度GPS測位、濃霧でも本来の車線がARで分かる「EMIRAI4」――三菱電機コンセプトカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は「第45回東京モーターショー2017」(10月27日~11月5日)においてコンセプトカー「EMIRAI4」を展示し、高精度測位、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)、ドライバーセンシング、ライティングなどの最新技術を披露した。

EMIRAI4は準天頂衛星「みちびき」を活用することで、cm単位の高精度で測位が可能になった。同技術と高精度3次元地図を組み合わせて開発した高精度ロケータを使い、濃霧や雪道などの見通しが悪い環境でも、AR(拡張現実)対応のヘッドアップディスプレイ上に自車が進むべき道路や車線を表示できる。

前回の東京モーターショー2015で展示した「EMIRAI3 xDAS」ではタッチ操作のみのHMIを提案したが、「ノブを使った操作の方が安心できる」といった声もあったことを受けて、EMIRAI4には新開発の「Knob-on-display」を取り付けた。ノブの位置は固定ではなく、好みの位置に動かすことも可能だ。


また、広角カメラをダッシュボードに埋め込み、運転席と助手席の搭乗者2人を同時にモニタリングできるシステムを組み込んだ。運転者の顔の向きや視線などから脇見や居眠りをしていないかと確認する、人工知能技術によって搭乗者2人の顔を認識して現在地周辺にある飲食店の中から2人が好みそうな候補を紹介する、といった機能もある。

さらにEMIRAI4は、ドアの開け閉めや車の後退を周囲に伝えるライティング技術を備える。東京モーターショー2015でも展示された技術で、インテリジェント性を向上させたことにより、歩行者や他の自動車などの周囲の状況を踏まえた上で適切なライティングを選べるように。前回はプロジェクターを使ったライティングだったが、今回は小型のライティングモジュールを開発し、車体に組み込めるようになっている。



関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る