NTN、回転フリクションを50%低減するハブベアリングを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低フリクションハブベアリングII

NTNは2017年10月24日、回転フリクションを50%低減した「低フリクションハブベアリングII」を開発したと発表した。

日本を始め世界的に環境規制が強化され、低燃費車両への需要が高まりつつある。そのような中、車両走行時のエネルギー消費効率を高めるために、車軸を支えるハブベアリングのさらなる回転フリクションの低減が求められてきた。

同社ではすでに回転フリクションを抑制したハブベアリングを開発、市場展開しているが、今回さらにシール構造とグリースの配合成分および粘度を見直すことで、従来より回転フリクションを50%低減し、車両燃費を約0.42%改善するハブベアリングの開発に成功した。

シールの先端リップは通常耐泥水性を確保するために、3枚接触させる構造を採用している。今回開発したハブベアリングでは、接触枚数を削減することで低フリクション化を実現。同時にシール部にラビリンス構造(すきま)を設けると共にシール形状を工夫することで、接触枚数を削減しても耐泥水性の低下を招かないような対策を施した。

同社では、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催される「東京モーターショー2017」に今回開発したハブベアリングを出展する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る