NEC、AR技術で作業ミスを減らすピッキング支援ソリューションを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NECは2017年11月7日、AR技術を用いて作業ミスを防止したり作業時間を短縮するピッキング支援ソリューションを開発したと発表した。

同ソリューションは、スマートグラスとスマートウォッチを用い、作業に必要なさまざまな情報をARで表示し、ピッキング業務を支援する。作業前には作業手順をスマートグラス上にARで表示。ピッキング時には棚などに保管されている対象物の位置をガイド表示することで、初心者や作業内容が変更になった場合でも作業ミスを防ぐことができる。

また、腕のスマートウォッチの加速度センサーによって腕の傾きでスマートグラスに表示される情報を選択し、腕へのタッチだけで入力できるインターフェースを搭載。ピッキング時の登録を対象物から視線を外すことなく行えるようにした。さらに視覚や体性感覚(触覚など)による操作フィードバックも活用できるため、感覚的に操作できる。

NECは、病院での薬剤ピッキング作業や修理工場における物品管理作業において実証実験を実施しており、実際に作業ミスの低減や作業時間短縮に効果があることを確認している。

今後は、製造や物流におけるピッキング作業以外にも、警備や流通などの業界における業務の効率化に同技術の適用を拡大していくことを目指すという。

同ソリューションは、NECが2017年11月9日から10日まで東京国際フォーラムで開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2017」に出展される。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る