ボルグワーナー、VTGターボチャージャー2基搭載の過給システムによりBMWのエンジン性能を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ボルグワーナーは2017年11月8日、2基の可変タービンジオメトリー(VTG)ターボチャージャーを搭載したRegulated 2-Stage(R2S)過給システムにより、BMWグループのさまざまなモデルに搭載されている235kW(315HP)ディーゼルエンジンの性能向上を図ったと発表した。低エンジン回転数でも素早い加速を可能となり、排出ガスも削減し燃費を改善するという。

今回同社では、R2S過給技術の新たな応用として、2基のVTGターボチャージャーを直列に接続した。小型の高圧段ターボチャージャーは、主に低エンジン回転数領域での過給を担う。エンジン回転数の上昇とともに、徐々に大型の低圧段ターボチャージャーの過給に切り替わる。

この低圧段側にもVTGターボチャージャーを採用することで、エンジンの過渡応答性をさらに強化し、加速性能を向上させた。また、迅速に応答するR2Sシステムにより、ターボラグが最小化されるとともに、排出ガスが削減され、燃費も向上したという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る