三菱電機、AIによってロボットの柔軟な動きを高速で制御できる技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AI を活用したロボット実験システム(はめあい作業)

三菱電機は2017年11月21日、「AIを活用したロボットの力覚制御の高速化技術」を開発したと発表した。

力覚制御は、ロボットアームなどで、はめあい作業やコネクター、基板の挿入作業などを行う際に必要な、人の腕のような柔軟な動きを実現するための制御技術だ。

同社によると、世界の製造現場は従来の少品種大量生産方式よりも多品種少量生産方式へと注目が集まっており、さらに少子高齢化による就業人口の減少が進んでいるという。そのような背景でロボットによる自動化の期待が集まっているが、はめあい作業のような繊細な作業の自動化には、これまでは熟練工によるロボットへのプログラミングや機器の調整が必要だった。

今回同社のAI技術「Maisart」を産業用ロボットアームの力覚制御に適用。組み立て作業時の速度を細かく調整するためのパラメーターを、ロボットの動作結果に応じて短時間で自動的に調整することによって、ロボットが対象物に加える力を抑制しながら高速に組み立てることを可能にした。

同社によると、部品のはめあい作業において、従来の人手による調整時の作業時間が5.5秒のところ、1.9秒まで短縮できたという。

さらに、従来精度の高い力覚制御のためには、動作前にロボットを一旦停止して外部影響を補正する必要があったが、今回開発した技術では逐一停止しなくても自動的に補正できるようになった。

同社では、11月29日から12月2日まで東京ビッグサイトで開催される「2017国際ロボット展」に、今回開発した技術を搭載したデモシステムを参考出展する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る