TDK、充放電可能なSMDタイプの全固体電池「CeraCharge」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDKは2017年11月21日、小型SMD(表面実装)技術を用いた世界初の充放電可能なオールセラミック固体電池「CeraCharge」を発表した。

CeraChargは、小型EIA1812パッケージ(4.5×3.2×1.1mm)で提供され、定格電圧1.4Vで容量100µAhを実現。充放電サイクルは、条件により1000回以上可能となっており、短時間またはパルス動作のために数mAの電流を引き出すことができる。温度は-20℃〜80℃と幅広い。さらに、SMD技術により電池の簡単な配置およびリフロー方式のはんだ付けを用いた処理が可能となる。

また、CeraChargは一般的な電池に用いられる電解液を使用しておらず、セラミック固体電解質を介して充放電を行う。MLCC(積層セラミックコンデンサー)のような積層技術をベースに製造され、これにより、従来型の充放電可能なリチウムイオン電池の比較的高いエネルギー密度と最小の体積を実現するとともに、セラミックの多層コンポーネントの安全性と大量生産の利点を融合させている。固体セラミック電解質の使用により、火災、爆発や液体電解質の漏出リスクもない。

さらに、コンポーネントを直列、並列に接続することにより、容量と電圧を増やすことができる。これにより特にIoT専用デバイスなど、さまざまな利用が可能だ。TDKでは、主なアプリケーションとして、リアルタイムクロック、Bluetoothビーコン、ウェアラブル端末、環境発電システムをあげている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る